キャッシュフローをしっかり検討したい

最近、資金繰りや運転資金に関する経営相談が比較的、多いので、キャッシュフロー計算書を少し復習しておこうかと、5年振り?に簿記1のテキストを引っ張り出してきました。

相談をお受けしてると、損益だけではなく、貸借、キャッシュフロー、課税所得、運転資金などが気になります。
個人事業主の場合は、特にです。

お金の動き方が芳しくないと、経営状態だけではなく、生計、メンタルにも影響し始めます。

近藤自身、20代、接客販売の楽しさにハマり、大阪で一人暮らしをしながらバイト三昧だったこともあり、苦しい家計からくるメンタルへのダメージは、他人事のようには思えません。
資金繰りの大切さは、身をもって体験し、体に覚え込ませてきた「お金のサポート力」には、いささか自信がありますに。

経営実態はもちろん、事業者の想いとしっかり向き合い、事業者の方々と一緒にその「あるべき姿の実現」に取り組んでいきたいものです。

会計がダメダメだった近藤が、約10年、勉強や実務を通して、苦手意識を克服してきたことかお分かりいただけるように簿記1級を受験した頃の投稿のスクリーンショットを掲載いたしました。

会計を少しでも身近に感じていただけると幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA